サイトへ戻る

牧島かれん政経セミナー

牧島先生の政経セミナーに出席してまいりました。

冒頭では現在小田原で練習をしているラグビーオーストラリア女子代表の応援、そして直前に控えたラグビーW杯の宣伝と、ワラビーズの応援。

昨今非常に重要なパートナーシップを結んでいる友好国、オーストラリアとの関係性をとても丁寧にわかりやすく解説いただきました。

そして、ウェスタンオーストラリアの州知事もされた、リチャード大使閣下の通訳を交えての講義。オーストラリアの政治情勢や日本の経済に関する参加者の質問に返答されていました。

リチャード大使ご夫妻は、ウェスタンオーストラリアの出身で、ウェスタンオーストラリアと言えば、マーガレットリバーという有名なサーフポイントがあります。

波質的にとてもパワフルで、私の大好きな系統の波であることと、オーストラリアには沢山のWCT選手(サーフィンのトップスター選手)がいて大好きな選手がいる事。

その中でもタジ・バロウ、ミック・ファニング、ジョエル・パーキンソン(パーコ)

この三人は年齢も近く、モーメンタム2という17〜8年前のサーフフィルムがとても衝撃的でした。何百回もビデオで見たスター選手達。(この三人に加えて、アンディアイアンズとブルースアイアンズの計5名が大好きです)タジ・バロウは10年くらい前に日本に来たときに、一緒にサーフィンする事ができたんです。

そういった訳でタジが大好きな事やウェスタンオーストラリアが大好きな事、友達がワーホリでオーストラリアに行ったが永住してしまった事、知りうるウェスタンオーストラリア情報を全てご夫妻に一生懸命お伝えした所、なんと奥様はマーガレットリバーのご出身で、世界で一番好きなプレイスなのよと教えていただきました。

非常に格式高い方と交流を深める事ができてとても光栄な一日でした。

しかし反省。

もっと小田原の良い所もお伝えするべきでした。

英語力とプレゼン力を磨いていきたいと思います。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。