サイトへ戻る

長雨による土石流

7月3日、長雨による被害状況を確認に伺いました。

・急傾斜地の土砂崩れから、土石流が発生。

・これまでも大雨の度に道路が冠水してしまう事から昨年側溝を増設してもらったものの、まるで川となってしまった岸太郎

・曽我岸上流、砂防ダムの排水管路が詰まった事による鉄砲水

結果、県道は冠水

大きく分けて3系統の水害を確認しました。人的被害が無い事だけが唯一救いでしたが、周辺にお住まいの皆様のご心労は量り知れません。

市道水路課の皆さんと連携し、地域の皆さんの要望をお伝えしできる限りの対応をいただいていますが、継続して上流から流れ出る土砂や、下流側の管路の詰まりなどまだ改善の目処が立っておらず、市と土木建設共同組合 事業者さんにより引き続き対応いただいている所もあります。

一刻も早い収束を祈るとともに、今回の各所において今後の課題と地域の皆様からの要望をいただきました。市、県、国とも連携し、改善に努めます。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。