サイトへ戻る

小田原市立病院 新病院建設事業についての進捗状況住民説明会

小田原市立病院 新病院建設事業についての進捗状況説明会が、市立病院近隣自治会である宮本公民館にて開催されました。

老朽化も進んでいる既存の市立病院です。建て替えについて否定的な方はなかなかいないと思うのですが、新病院の建設予定地について、現存の敷地内に建て替えありきで話が進んでいる点がどうなのかな〜と思います。

担当課は、まだ用地は決定していないと言うものの、既存の病院敷地内に新病院が入ることを確認でいたという今回の説明内容は、

・建物が古く新しい病院を建てたい(わかる)

・入院患者が居ても、同敷地内で建て替え工事を進める方向(わからない)

・現地建て替えの場合の駐車場について議論がない(現地の空き地などを建て替えに使うのですから、駐車場が無いでしょう、どう考えているのか)

・勤めてくれている先生や看護師の観点から、小田原駅・足柄駅・井細田駅から近い現地が望ましい(わかる)

・JT跡地や少年院跡地は約2.1万m2に対し、現地総面積(先生の宿舎含む)2.8万m2(高さを上げれば問題なさそう、少年院跡地は渋滞面がどうか?)

 

2市8町の方が利用しているという市立病院です。

患者さんの利便性を高めるなら、2市8町の中心的な広い所に建設を検討しても良いのではないかと考えますが、皆さんはいかがでしょうか。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。