小田原ライオンズクラブでの献血推進街頭キャンペーンです。 最近では、自身の血液を予め採取しておき、手術中に輸血するケースが増えているそうですが、交通事故や急な手術には対応できません。その為第三者の輸血が必要となりますが、コロナにより輸血量が不足しているそうです。

こちらが輸血バスを運行されている日本赤十字社の資料です。

資料:日本赤十字社HP

 

 コロナにより、輸血量が少なくなっているとのことです。

私も母の手術の時に誰かの血をいただいたこともあり、輸血してまいりました。

今回の活動では

200ml× 3名= 600ml 

400ml×46名=18,400ml 

 合 計  19,000ml 

の輸血量確保となりました。

年齢や体重、直近に薬を使用していると輸血できませんが、日本赤十字社輸血バスを見かけたら、是非ご協力をよろしくお願いいたします。

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。