公共施設再編事業については、廃止となった旧大窪支所と旧曽我支所の今後について。

自治会長会議や地域コミュニティ組織の会議等に出席し、公共目的で使用する見込み

がないため、民間への売却等今後の利活用の検討に向け、用地測量等を実施することを

説明した、という報告でした。

来年度、民間提案制度を利用し利活用について検討が進み、同時に地域説明会も開催されます。

支所が無くなって不便なだけではなく、住民感情として行政サービスが無くなっていく寂しさなどもあろうかと思うので、地域説明会ではしっかり住民要望が聴けるように公共施設マネジメント課には直接お願いしに伺いました。

また、国府津駅周辺整備事業について。(図は小田原市議会総務常任委員会審査資料より)

上図の通り駐輪場の整備について報告されました。ロータリーや道路についても変更があるようですが、これは次回の建設経済常任委員会で、建設部から報告されるそうです。

国府津の駅周辺がより使いやすくなっていく事業報告でした。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。