サイトへ戻る

鬼柳桑原工業団地事前工事説明会

私が住んでいる地域の一部が本年度市街化調整区域から市街化に編入されます。

従前からある卸センターの西側に非常に広大なエリアが、工業団地となります。基本的には工業関連施設ができるとの説明ですが、一部商業施設もできるようなので、今後運転免許証自主返納を進めるに当たって歩いていける商業施設があると近隣住民の利便性は非常に向上しますので、非常に期待をしている所です。

本日は、この工業団地の造成工事に入る前に、梨畑の木の抜根などの時z年工事が必要であり、その説明会でした。

私が気になったのはダンプの出入り。

この711号線というのは、基本的には児童の通学は少ない道路ではあるのですが、住民に影響があってはなりません。

事前の工事では一日数台とのことで安心をしましたが、本工事となると一日約100台を見ているそうです。

8〜18時の工事時間となるそうなので、1時間あたり10台、6分に1台。心配ですね。経過をしっかり確認しつつ、住民の声が届くようにしたいと思います。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。