サイトへ戻る

お叱りから考えること

本日も地域の皆様のお声を聞きに回って参りました。

昨日もそうですが、

今日12月30日は大掃除率が非常に高く、表に出られている方が多いので沢山の方とお話ができて大変光栄です。

(私明日大掃除いたします)

本日のお話しは、

支所廃止について。

開口一番、

なんで支所をなくすんだコノヤロー!

と衝撃的なお叱りを頂いたのをきっかけに、色々考えることとなりました。

私、まだ議員でもなんでもないんですが、

非常に申し訳ない思いがいたしました。もう決まっている事ですので、今から動いてどうにかなる話しではありません。申し訳ないと思ったのは支所の廃止に対してではなく、行政の思惑と市民の皆様の声がしっかり繋がっていないんだな、と改めて痛感いたしました。

以下市役所HPより抜粋
”支所を含む住民窓口に廃止に先立ち、コンビニエンスストア・郵便局(廃止となる住民窓口の最寄りの窓口10箇所)では平成31年1月15日から証明書を取得できるようになります”

もうあと2週間もしたらコンビニで書類が取れるんですね!恐らくですが、住民窓口よりもコンビニの方が近い方の方が多いのではないかと思います。

私もそうなります。

以下市役所HPより抜粋

”コンビニエンスストア
店内に設置されているマルチコピー機を使って証明書を取得できます。
コンビニ交付サービスを利用するためには、マイナンバーカードが必要になります。

利用可能時間
年末年始を除く午前6時30分から午後11時00分
(戸籍に関する証明書は、平日の午前9時00分から午後5時00分)”

時間制約に関しては賛否両論ありますよね。せっかくコンビニなんだから24hにすれば良いのにという意見もありますよね。ただマイナンバーも必要なので少しめんどくさいかもしれません。全般的には身近になる人は恐らく多いですよね。

今日感じた問題点は利便性とか年間約1億3千万円の財政削減見込みとかではなくて、

・支所廃止の説明会はこれまで15回開催されたそうです。

・市の広報誌でも度々紹介されてきました。

・HPでは現在でも掲載されています。

それでもまだ詳細を把握されていない方が多くいらっしゃるというのは、伝える人がいないということ。または伝え方がまだ足りない?

やはり地域代表がいかに大変で大事かという事につながりました。

地域の皆様の声を届けるだけではなく、行政の内容をお伝えするのもまた重要だと思う今日この頃です。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。