早朝より出初め式に参加させていただきました。

以前、人命救助で表彰された際にも感じたのですが、式典では整列されている団員の皆さん2時間強の間、寒空の中起立しっぱなしです。市民会館やアリーナ等屋内でも良いのでは、と感じてしまいました。これまでの慣例と団からの要望もあったとのことですが、大半の団員の皆さんはご苦労を感じられています。また折を見て相談してまいります。

表彰が終わった後には、市内園児によるカワイイお遊戯の発表、その後お堀端通りにて古式消防記念会による演舞。

すごいですよね笑笑

特殊な訓練をされていて大丈夫だとはわかっていてもハラハラしてしまいます。

全23分団と自警消防団の富士フイルム、第一三共ケミカルファーマさんによる一斉放水。

市内火災は近年減少傾向とはいえ、冬の乾燥した時期には火災に発生しやすく、消防団の皆様のお力添えが今後も必要であると考えます。年末の夜警では近隣の団詰所に伺い様々なお話を聞いてまいりました。老朽化や雨漏れなど、様々な問題を確認しました。

日頃の鍛錬や団内のコミュニケーションは今後も重要なものとなりますので、私はより団の皆さんが活動しやすい環境整備に向けて頑張ります。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。