サイトへ戻る

本会議場音響施設改修完了

建設経済常任委員会

小田原市議会本会議場音響施設整備改修が終わり、本会議場の機器説明がありました。議場にモニターが設置され、今後議会での様々な利活用を検討、カメラも老朽品から高画質となり、より分かりやすい議会中継が高画質で閲覧出来るようになります。

マイクも新しくなりました。

壁面には大型モニターが取り付けられ、発言残時間も表示されるようになりました。

傍聴席にも同様のモニターがあり、インターネット中継でも同じ表示がされる事で、よりわかりやすい議会を目指す、といった所です。

その後、建設経済常任委員会に出席。
お城通り再開発について、新幹線ビルの建て替えについて、富水5号踏切拡幅について、小田原水道ビジョン進捗についてが報告、質疑されました。
お城通り再開発では新設の交流施設へ地下街からのエスカレーター建設が現状厳しいという調査結果が出た為、地下街からの動線は今後の課題として継続して検討していくとの事です。新幹線ビルは優良建築物整備事業として国県市の補助も入る事業説明等が。
富水5号踏切拡幅は長年の要望がようやく実現するとの事で、利用者の皆さんは勿論、地域の子供等の安全にも繋がりますので、所管課の皆さんも大変嬉しそうでした。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。