三女から、

「夏休みの宿題で、小田原市の公共施設を取材して、新聞を作るから公共施設に連れてって」

と依頼を受けました。

なんとも素敵な相談でした。

私は真っ先に小田原城を思い浮かべていました。

天守閣には様々な展示がありましたが、各所にソーシャルディスタンスを意識させる工夫がありました。

小田原城は天守閣、常盤木門SAMURAI館、NINJA館 それぞれが小田原市から小田原市観光協会に指定管理(管理運営を委託)された公共施設となっています。

三女のイメージする公共施設は市役所やマロニエ、図書館などだったようですが、小田原城も公共施設なんだと説明すると、楽しい公共施設だったねと言いながら、新聞を作成。

(お土産コーナーでもお菓子と刀のおもちゃを購入し、喜んでいました。)

コロナ禍で遠くへ旅行しにくい昨今ですが、近くの小田原城はいかがでしょうか。

手軽に観光気分が味わえますので、是非。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。