サイトへ戻る

工業系保留区域地権者説明会

鬼柳

 

昭和59年12月、第二回線引き見直しにおいて「特定保留区域(工業系)」と位置付けられた鬼柳・桑原地区の工業系保留区域です。 

県道711号線 小田原大井線を都市計画道路に、東側は既に市街化編入され工業団地として売買が進み、企業誘致が進んでいる所ですが、道路を挟んで西側の区域については地権者合意が91%の所で止まっています。 

昨年の地権者説明会では、市長が出向いて地権者の方々に「本市産業政策の軸となりうる、重要な政策。工業団地を整備し、企業誘致が進むことで雇用の創出を図りたい。」と熱意を伝えたにも関わらず、大きな進展がないまま一年が過ぎたようです。 

地権者⇄民間不動産事業者⇄デベロッパー 

この構図の中に、小田原市が関わっているのかいないのか。地権者の方にはここが不明瞭であり、産業政策企業誘致の軸とする中で熱意がイマイチ伝わらないところ。 

市からは進捗説明がされますが、、、、 

課題が盛り沢山です。 

 

 

 

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。