サイトへ戻る

ジュニアハイスクール議会

(質問作り)

1段階目・自分の思うまちづくりの中でそれぞれが気になる観点をチョイスし、市の職員さんからワークショップ形式やレクチャー方式で小田原市の情報を得る。

2段階目・最終段階の質問作成のために、我々市議会議員がファシリテーターとなって、質問の作り方をアドバイス。

最終段階・市長&執行部に議場で質問。

といった3段階で進められた中学生対象、小田原青年会議所主催のジュニアハイスクール議会で、ファシリテーターを務めてまいりました。

 

私の担当したチームは「観光」で、しかも海を生かした観点が多いチームでした。生徒は中学2〜3年生の男女、明るく活発な子から内気な子まで、様々な中学生の考えに触れる事ができました。

ファシリテーターですので、こちらで質問を作り込んではいけないし、ほったらかしすぎてもいけない。これまで数々の会議や協議会、大人だけでのワークショップなどは何度も経験がありますが、「中学生のディスカッションの輪をサポート」するのは初めてでした。不束なファシリテーターでしたが、みんな良い質問を作ってくれたと思います。

本番は8/23、緊張しないで質問できるかな?また、その答弁内容も楽しみです。

 

 

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。