サイトへ戻る

ジュニアハイスクール議会

第61回尊徳祭

 

小田原青年会議所主催の、ジュニアハイスクール議会の終盤を見学させていただきました。
市議会と同じように中学生達が小田原の問題点を質問として考え、来週10/26に市長へ問うそうです。若年層からの政治参画意識向上に繋がる、素晴らしい活動ですね!

その後は第61回二宮尊徳祭へ伺いました。
開会式典の後、市内小学生による「二宮尊徳と私」をテーマに書かれた作文の中から優秀作品が5件発表・朗読されました。中でも1番会場が微笑ましく湧いたのが、尊徳先生が唱えた分度についての作品。
(「分限度合」経済面での自分の実力を知り、それに応じて生活の限度を定めること)
今までは欲しいものがあったらすぐその場でお金を使ってしまっていたその児童が、本当に欲しいものができたときにお金がないと言う実際の経験と、二宮尊徳先生の分度と言う教えを基に、現在はコツコツ貯金して将来両親を旅行に連れて行きたい!と言う非常に微笑ましい発表がありました。
小田原市内では小学4年生に尊徳学習を実施しています。幼少の頃から先生の教えに親しむ事で、人格的で素晴らしい大人になって欲しいと願います。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。