サイトへ戻る

建設経済常任委員会

本日は建設経済常任委員会。

先日の総務常任委員会で駐輪場の整備など国府津駅周辺の再開発が具体的になってきた所に引き続き、国府津駅前のロータリーや駅の出入り道路についての整備方針が明確に報告されました。

(資料は小田原市議会建設経済常任委員会審査資料より)

これまで国府津駅はその出入りで交通渋滞を引き起こしており、国道1号線にも大きな影響を与えていた所、駅からの出口車線を左右の2車線とし、バスの入り口も別に設ける予定であるとの報告でした。

スケジュールとしては先の駐輪場整備が令和2年度〜3年度、駅前広場の整備が令和3年度〜4年度との事です。

こうした具体的な「まちづくり」にも議会の声は少なからず反映される事があり、その声の元が市民の皆さんであるという事を改めて感じました。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。